ドローンで地域を元気に!

空撮から機体レンタル、イベント運営までのトータルプロデュース

空撮サービス
企業空撮 イベント空撮 団体PR空撮
観光PR空撮(四季の定点撮影)パノラマ空撮、オルソ画像作成。
法面、土砂崩れ、雪崩、河川の氾濫状況の確認
環境調査(不法投棄状況の確認、松くい虫の調査)遺跡調査、橋梁、ダム、高架などの点検
観光PR空撮(四季の定点撮影)結婚式空撮
学校集合空撮、道路の開通式、店舗、住宅、マンション、住展示場空撮。ゴルフコース空撮
建設工事写真 施工等進捗記録写真
インフラの保守・点検
地震、津波、洪水、土砂崩れ、竜巻、家屋倒壊災害現場での捜索活動。
スタジアム空撮、スポーツチームの戦術分析空撮
その他、ドローンを活用したイベントの企画・運営。





ドローンの飛行には
無人航空機にの飛行には航空法で下記の様に定められています。
以下の(A)〜(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域でドローンを飛行させる場合には、あらかじめ地方航空局長の許可を受ける必要があります。



無人航空機の飛行の方法
飛行させる場所に関わらず、ドローンを飛行させる場合には以下のルールが定められています。
[1] 日中における飛行を行う
[2] 目視の範囲内で飛行を行う
[3] 人や建物等との間に30m以上の距離を保った状態での飛行を行う
[4] 催し物や多数の人が集まる場所での飛行は行なわない
[5] 危険物の輸送は行わない
[6] ドローンから物を投下しない
上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。(国土交通省HPより一部抜粋)
当社では日本全国、申請手続きなしで飛行可能です。お急ぎの空撮依頼や撮影場所の急な追加にもご対応できます。
当社くまがい印刷は東京航空局より以下の空域での飛行許可を得ております。


人口集中地区での飛行

夜間の飛行

目視外飛行

人又は物件から30m以上の距離が確保できない飛行

催し場所上空の飛行

地表面より150mを超える高度での飛行も多数実績がございます。
その他詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。
※飛行エリアによっては敷地所有者、建造物所有者の承認が必要となります。

空撮料金
静止画撮影 50,000円(税別)〜 半日 2フライトまで
80,000円(税別)〜 1日 5フライトまで
動画撮影 70,000円(税別)〜 半日 2フライトまで
100,000円(税別)〜 1日 5フライトまで
動画編集 120,000円〜

機材費
DJI PHANTOM2 無料
DJI PHANTOM4PRO 無料
DJI インスパイア1 相談下さい。
DJI インスパイア2 相談下さい。

補助員
30,000円/1名
撮影現場では安全監視員・補助員が必要です。
1、ドローンとカメラの映像を確認しながら飛行を行わなければならない場合。
2、人ごみや車など、周りの人と操縦士を隔離することが必要な場合。
3、飛行エリアに高圧線や電線など障害物がある場合。
人口集中地区などで飛行の場合は安全監視員を置かなければならず、法令上監視員が必須です。

ロケハン
30,000円
本撮影と同じ条件でテスト飛行及び撮影を行います。
マラソン大会やイベント等、撮り直しが効かないものまた電波塔や高圧電線が近くにある場合など、障害の不安がある場合につきましてはロケハンをお勧め致します。

予備日
30,000円/日
ドローン空撮は天候が大きく左右されます。
最高の天候でドローン空撮を行ないたい場合は予備日として日程の確保をご検討下さい。

撮影延長料金
午前中のみの予定が1日中に伸びてしまう事もございます。
その場合は半日分の料金にプラスして30,000円頂戴致します。

キャンセル料金
撮影の2〜6日前まで 30%
撮影前日 50%
当日100%頂戴致します。
5月〜10月までのシーズンは撮影が集中いたします。
天候などの理由で現地で撮影中止となった場合は20,000円を頂きます。
※こちらで危険と判断した場合も含みます。

交通費
秋田県内無料
※交通費、宿泊代など実費を別途請求させて頂きます。
・安全が確保できない場合は撮影をお断りさせて頂きます。
・雨天、風速5Mを超える強風、濃霧、黄砂での撮影は墜落や故障につながりますので当社での判断でお断りさせて頂きます。
・人命救助要件、大規模災害が発生した場合、全ての撮影をお断りさせて頂きます。

ドローンイベント開催
・ドローン操縦講習会
・ドローンVR空中さんぽ
・トイドローン体験会
・プログラミング教室
・マイクロドローンレース開催
どんな事でもお気軽にご相談下さい。